金融研究 第20巻別冊第2号 (2001年12月発行)

期待ショートフォールによるポートフォリオのリスク計測
—具体的な計算例による考察—

山井 康浩、吉羽 要直

 本稿では、期待ショートフォールの実務への応用可能性を探るため、(1)その推計値の安定性、(2)それに対するリスク・ファクターの寄与度の算出、(3)それに基づくポートフォリオの最適化の3点を検討した。この結果、期待ショートフォールは、各リスク・ファクターの寄与度の算出やポートフォリオの最適化が容易な点でバリュー・アット・リスクよりも優れていることが判明した。また、デフォルト相関の高い与信ポートフォリオなど損失額分布の裾が厚い場合は、期待ショートフォールの推計値はバリュー・アット・リスクの推計値に比べ不安定化するので、期待ショートフォールの推計には、バリュー・アット・リスクの推計に比べ多くのシミュレーション回数を確保する必要があるとの結論が得られた。

キーワード:期待ショートフォール、バリュー・アット・リスク、最適化


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2001 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム