ディスカッションペーパーシリーズ(日本語版) 2007-J-17

追加融資を考慮した信用リスク:構造モデルによるELとULの解析解

山下 智志、吉羽 要直

 本稿では、追加融資が行われうる場合の信用リスクを考察する。具体的には、マートン型構造モデルにおいて、期待損失(Expected Loss, EL)を最小化するような追加融資行動を想定し、貸出量の変動がデフォルト確率、デフォルト時損失、金利収入の変化を通じて、ELや非期待損失(Unexpected Loss, UL)に及ぼす影響を解析的に把握する。さらに、融資初期時点におけるELとULが、2次元正規分布を用いて解析的に評価でき、数値解が容易に計算可能なことを示す。また、この結果を用いて、期待損失の最小化(金利収入とデフォルト時損失から構成される期待収益の最大化)がULの拡大を招くことを定量的に評価する。

キーワード:デフォルト確率、デフォルト時損失率、デフォルト時エクスポージャー、期待損失、非期待損失、ストレス時期待損失


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2007 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム