金融研究 第35巻第2号 (2016年4月発行)

ヴァイン・コピュラを用いた統合リスク管理

前田 寿満

本稿では、金融機関の統合リスクの計測手法について分析を行う。市場・信用といったリスク・カテゴリー間のリスク合算手法については、従来から多くの研究が行われているが、標準的な計算手法はまだ確立されていない。統合リスクを把握する上では、ストレス状況を想定するとともに適切な分散効果を考慮することが重要である。具体的な計算手法として、近年では、コピュラを用いたリスクの合算方法の研究が盛んであり、金融機関の実務でも使用されつつある。本稿では、コピュラを用いたリスク合算に焦点を当て、ヴァイン・コピュラと呼ばれるリスク・ファクターのペアごとに依存関係を定める手法と実務で一般に使用されている楕円コピュラ(正規コピュラ、tコピュラ)を用いた手法から算出されるリスク量の比較分析を行う。実務では、保守的なリスク量を算出するために、裾依存性の強い自由度3のtコピュラを用いていることが多いが、本稿の分析を通じて、自由度3のtコピュラでも、対象のポートフォリオ構成によっては、必ずしも保守的なリスク量を算出するとは限らないことを示す。

キーワード:リスク管理、統合リスク、ヴァイン・コピュラ、VaR、分散効果


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2016 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム