金融研究 第33巻第2号 (2014年4月発行)

CVA 逆問題の確率的求解の汎用化:
インタラクティング・パーティクル法の活用

孕石 匡弘

 本稿では、孕石[2014] に引き続き、CVA を考慮したデリバティブの価格付けに関する問題のうち、逆問題と呼ばれる問題に対する効率的な確率的求解手法を提案する。
 本稿で提案する手法は、孕石[2014] の手法が利用したマーク付き分枝拡散過程を、Fujii and Takahashi[2012] によって提案されたインタラクティング・パーティクル法と呼ばれる手法に置き換えたものである。この置き換えにより、孕石[2014] の手法が適用できない、デリバティブのペイオフ関数が有界でない場合や、デフォルト時の清算価格の基準としてCVA を含まない価格を用いる場合にも適用することが可能となる。

キーワード:CVA、デリバティブ評価における逆問題、インタラクティング・パーティクル法、ロビンス=モンロー・アルゴリズム


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2014 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム