金融研究 第22巻別冊第2号 (2003年11月発行)

相関デリバティブのリスク特性やリスク管理手法に関する考察:
コンポジット・オプションを例に

中村 一岳

 本稿では、複数種類の資産を原資産として持ち、その価格が、原資産価格間の相関(コリレーション)にも依存する金融派生商品(相関デリバティブ)を取り上げる。具体的には、相関デリバティブの典型例としてコンポジット・オプションを題材に選び、プライシング手法のエッセンスやリスク特性を解説するとともに、具体的な事例を基に、相関デリバティブのリスク管理手法に関する各種の論点を提供する。

キーワード:相関デリバティブ、コンポジット・オプション、ガンマ、クロス・ガンマ、クロス・ガンマ・リスク、相関変動リスク


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2003 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム