金融研究 第21巻別冊第1号 (2002年6月発行)

LIBORマーケット・モデルのインプリメンテーションについて
─本邦の金利派生商品データを用いた具体例を基に─

石山 幸太郎

 本稿では、近年研究が進められているイールド・カーブ・モデルであるLIBORマーケット・モデルのインプリメンテーション方法について、本邦金利派生商品データを用いた具体例を使って検討を行うと共に、パラメータの推定事例を示す。また、最近の研究事例として、実際の市場で観測されるインプラド・ボラティリティのスマイルを、ジャンプ過程等を含むLIBORマーケット・モデルで説明する先行研究も適宜紹介する。

キーワード:LIBORマーケット・モデル、パラメータ推定、ボラティリティ・スマイル、フォワード中立化法


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2002 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム