金融研究 第19巻別冊第2号  (2000年9月発行)

流動性リスク評価方法の実用化に向けた研究

久田 祥史、山井 康浩

 本稿では、実務への応用を念頭に置いたうえで、金融商品の市場流動性を織り込んだ修正バリュー・アット・リスク(以下、修正VaR)を算出するための1つの枠組みを提案する。この枠組みでは、市場流動性や投資家の保有ポジションの大きさに応じて、自己の売買に伴うマーケット・インパクトによりポートフォリオの清算価値が影響を受けるメカニズムが取り込まれている。具体的には、まず、マーケット・インパクトを考慮して保有ポジションをすべて流動化するうえでの最適な執行戦略を算出する。次に、この最適執行戦略に基づいて流動化を完了するまでの間に価格変動により被る可能性がある最大損失額、すなわち修正VaRを算出する。
 本稿では、解析解による簡便な計算が可能な修正VaR算出のための具体的なモデルを提示し、数値例を算出して修正VaRのリスク管理実務への応用可能性について考察を行う。また、ここで提示した修正VaR算出の枠組みは、①マーケット・インパクトが不確実な場合、②複数の金融資産からなるポートフォリオを扱う場合、③マーケット・インパクトが取引量と非線形な関係にある場合、といったより一般的な状況にも適用可能なことを示す。

キーワード:流動性リスク、バリュー・アット・リスク、市場リスク、マーケット・インパクト、最適執行戦略、最適保有期間


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2000 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム