金融研究 第19巻別冊第1号  (2000年4月発行)

金融と保険の融合について

森本 祐司

 本稿は、「金融と保険の融合」をキーワードとして、次の3つのトピックについてまとめたサーベイ研究である。

1. ART:実務面における融合の象徴的分野として、保険リスクの証券化などが挙げられる。こうした手法は一般にART(alternative risk transfer、代替的リスク移転)と呼ばれており、現在保険・金融双方で関心が高まっている。本稿では、ARTの定義、分類、商品概要、価格設定の考え方などをまとめる。
2. 保険数理と金融工学の融合:理論面、とくに価格理論において融合の萌芽が見え始めている。保険数理と金融工学がこれまでどのような発展経緯を辿り、昨今どのように関連を強めているかについて説明する。
3. EVT:リスク管理の高度化、金融リスクと保険リスクの統合管理に向けて、重要な役割を果たす可能性を期待されているEVT(extreme value theory、極値理論)について、基礎的な内容を解説した後、数値例等を示す。

 本稿は、上記の各項目ごとに、それぞれ一章ずつを割当てている。これらの内容は、広い意味で密接に関連し合っているものの、本稿ではそれぞれ独立した解説として扱っており、読者の興味・関心に応じて、必要な章に焦点をあてて読むことが可能である。

キーワード:ART、集合的危険論、保険料計算原理、無裁定と完備、EVT


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2000 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム