金融研究 第19巻第2号 (2000年6月発行)

財政赤字とインフレーション
─ 歴史的・理論的整理 ─

藤木 裕

 わが国の財政事情は悪化の一途を辿っており、このままのペースで政府債務が増加すると、もはや調整インフレーションによる債務帳消ししかありえないとする向きもある。本稿では、まず、諸外国の債務削減の歴史を概観し、政府債務削減にはインフレーションが余儀ない解決策なのかどうかを検討する。つぎに、インフレーションの歴史を踏まえて発展してきた金融・財政政策の相互依存関係についての経済理論を検討し、金本位制が金融・財政政策に同時に規律を課してインフレーションを防止したこと、また、フロート制下では、予算制度、中央銀行制度が経済政策の規律として金本位制にかわってインフレーション防止に重要な役割を果たすことを示す。最後に、こうした理論的、歴史的、制度的整理を踏まえて、諸外国の経験がわが国にどのような意味で有益かを論じる。

キーワード:ハイパー・インフレーション、政府債務の持続可能性、予算制度、中央銀行の独立性、構造改革、ゼロ金利


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2000 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム