ディスカッションペーパーシリーズ(日本語版) 2008-J-17

金融市場におけるショックの伝播 —理論モデルのサーベイ—

藤原 茂章

 サブプライム問題に端を発した国際金融市場の混乱においては、証券化商品市場全般への拡大波及のみならず、多様な金融資産の同時的な価格下落が世界規模で発生した。本稿では、金融市場におけるショックの伝播(コンテイジョン)現象一般に対して理論的な説明を試みた研究を紹介する。ショックの伝播と増幅メカニズムとして、ポートフォリオのリアロケーション、投資家の運用・借入などの制約、リスク回避度の変動、情報の非対称性・不完全性、金融機関間の債権債務の繋がり、投資家の情報収集や処理能力の限界、投資家の同質化などに注目した理論モデルが考案されている。

キーワード:サブプライム問題、コンテイジョン、ポートフォリオ・リバランス、リスク回避度、レバレッジ、借入・運用制約、情報の非対称性


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2008 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム