日本銀行金融研究所アーカイブ


1.アーカイブの概要と活動

2.保存資料について

3.利用案内

4.関連諸規程類・書式等

5.保存資料の紹介

◆ 日本銀行金融研究所貨幣博物館 テーマ展 「日本銀行あの日の記録」−アーカイブ資料にみる”お金の安心”−
(開催日:2010年3月18日〜5月16日)

パネル1:アーカイブの業務

パネル2:アーカイブが所蔵する歴史的資料


1.アーカイブの概要と活動

(1) 設置目的と設立の沿革

 日本銀行では、創立百周年事業の一環として、昭和57年(1982年)10月から歴史的価値を持つ金融史関連資料、約3,700冊を公開してきました。その後、日本銀行に関連する歴史的資料の収集・保存・公開を組織的・制度的に実施するため、平成11年9月に、金融研究所にアーカイブを発足させました。
 こうして発足した日本銀行金融研究所アーカイブ(以下、「アーカイブ」といいます。)は、平成14年(2002年)10月に「独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律」および同法施行令の規定に基づき、総務大臣の指定を受けました。
 その後、平成23年(2011年)4月には、「公文書等の管理に関する法律」(以下、「公文書管理法」といいます。)および同法施行令に基づき、「国立公文書館等」として内閣総理大臣の指定を受けて、現在に至っています。


(2) 組織の概要

 アーカイブでは、日本銀行金融研究所の事務の一つである「金融及び経済に関する歴史的資料の収集、保存及び公開」の一環として、金融研究所歴史研究課に置かれたアーカイブグループが運営に当たっています。 

(3) 活動の状況

 活動状況は、以下をご覧下さい。

  ・平成27年度活動報告
  ・平成26年度活動報告
  ・平成25年度活動報告
  ・平成24年度活動報告
  ・平成23年度活動報告
  ・平成22年度報
  ・平成21年度報
  ・平成20年度報
  ・平成19年度報
  ・平成18年度報
  ・平成17年度報


2.保存資料について

(1) アーカイブが所蔵する歴史的資料

 日本銀行では「公文書管理法」における「特定歴史公文書等」を「歴史的公文」と称しています。アーカイブでは、日本銀行が明治15年(1882年)の開業時から作成してきた文書や証票類(帳簿、契約書等)を中心に、日本銀行に関わる歴史的公文を保存し、公開しています。
 アーカイブでは現在(2016年3月末)、約92,000ファイルの歴史的公文を目録に掲載しています。


(2) アーカイブ所蔵資料目録について

 アーカイブでは、歴史的公文の出所、原秩序に則して、次のとおり歴史的公文の目録を作成しています。

 詳細は、該当する目録をクリックして下さい。

  ・ 目録(本店資料)
  ・ 目録(本店証票類)
  ・ 目録(支店資料)
  ・ 目録(支店証票類)
  ・ 目録(寄贈資料)


3.利用案内

(1) 利用の方法

 アーカイブが保存する歴史的公文の利用(閲覧等)の方法については、下記の「日本銀行金融研究所アーカイブ利用等規則」第3章に定めていますので、ご覧ください。また、同規則の下での利用の流れについては、下記の「利用の流れ」をご覧下さい。

日本銀行金融研究所アーカイブ利用等規則

利用の流れ


(2) 利用日・利用時間

(利用日)
・ 次の日を除き利用できます。
   土曜日、日曜日
   国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日
   12月28日から1月4日までの日
   臨時休館日
    ―― なお、臨時休館の予定は事前に本ホームページなどでお知らせします。

(利用時間)
・ 9:30〜17:00

(連絡先)
 e-mail:e-mail
 電話:03-3277-2151

(3) 閲覧場所

 アーカイブの閲覧室(要予約)は、日本銀行本店南分館8階にあります。閲覧場所の地図は、こちらをクリックしてください。


(4) 閲覧室での歴史的公文の閲覧にあたって

 閲覧室において歴史的公文の閲覧を行っていただく際には、前記の「日本銀行金融研究所アーカイブ利用等規則」および日本銀行金融研究所アーカイブにおいて歴史的公文を利用する場合の手続きおよび注意事項等」に基づき所要の手続きを行っていただくともに、資料を取扱う上での注意事項を遵守していただきます。

 なお、デジタルカメラ等による資料の撮影も可能ですので、必要に応じご持参ください(当アーカイブからの貸出は行っていません)


(5)歴史的公文の写しの交付について

 歴史的公文の利用は、前記の「日本銀行金融研究所アーカイブ利用等規則」および日本銀行金融研究所アーカイブにおいて歴史的公文を利用する場合の手続きおよび注意事項等」の定めるところにより、写しの交付によることができます(有料)

 
写し交付手数料のお支払いは、次の2方法から選択できます。 

  1.現金による支払い
  当アーカイブに直接お持ちください。
  2.金融機関の口座への振り込みによる支払い  
ゆうちょ銀行本店
  振替口座番号 00110-3-441285
  口座名義 日本銀行金融研究所(ニッポンギンコウ キンユウケンキユウショ)
振込手数料は、利用者(振込人)の負担となります。 
振込み終了後、振込先金融機関が発行した「振込金受取書」を当アーカイブに直接お持ちいただくか、郵送していただきます。

(6) 利用制限及びそれに係る審査基準について

 公文書管理法第16条では、一定の情報が記載されている場合等について、特定歴史公文書等の利用を制限できることとされています。この規定の下で、当アーカイブが歴史的公文の利用を制限するに際しての審査基準については、下記をご覧ください。

日本銀行金融研究所アーカイブが保存する特定歴史公文書等の利用請求に対する利用決定等に係る審査基準


4.関連諸規程・書式等

(1)「日本銀行金融研究所アーカイブ利用等規則

【関係書式

  1.利用の請求 (利用等規則第10条)
  「歴史的公文利用請求書」
   2.第三者照会(利用等規則第14条)
  「歴史的公文の利用に関する意見書」
  「歴史的公文の利用請求に関する意見照会書」(法第18条第1項関係)
  「歴史的公文の利用請求に関する意見照会書」(法第18条第1〜2項関係)
  3.利用の決定(利用等規則第15、16条)
    ・ 「歴史的公文の利用決定等に係る通知書」
    ・ 「利用決定等期間延長通知書」
    ・ 「利用決定等期間特例延長通知書」
    ・ 「(利用を不可とする場合)歴史的公文利用決定等通知書」
    4.利用の方法(利用等規則第16、17条)
  「歴史的公文の利用の方法申出書」

(2)「日本銀行金融研究所アーカイブにおいて歴史的公文を利用する場合の手続きおよび注意事項等


5.保存資料の紹介

ジョサイア・コンドル設計『開拓使物産売捌所設計図帖 1〜52』の画像紹介

『日本銀行新築場沿革図』の画像紹介
 (貨幣博物館のページへ)


Copyright Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項
プライバシーポリシーについて

ホームトップ