金融研究 第29巻第4号 (2010年10月発行)

2010年国際コンファランス−「グローバル化のもとでの中央銀行の将来」—議事要旨

上田 晃三、白塚 重典、高橋 亘、寺西 勇生

 日本銀行金融研究所は、2010年5月26、27日の両日にわたり、日本銀行本店にて、「グローバル化のもとでの中央銀行の将来(Future of Central Banking under Globalization)」と題する2010年国際コンファランスを開催した。コンファランスでは、グローバルな観点からみた金融市場・金融システムとマクロ経済の連関に焦点を当て、中央銀行の将来への含意についての議論が展開された。コンファランスには、学界、国際機関、中央銀行から、約100名が参加した。コンファランスは、白川方明(日本銀行)、ベン・バーナンキ(連邦準備制度)の開会挨拶で始まった。金融研究所海外顧問であるベネット・T・マッカラム(カーネギー・メロン大学)はキーノート・スピーチを、ウィリアム・R・ホワイト(経済開発協力機構)は前川講演を行った。5つのセッションでは、論文発表、2名の指定討論者による討論、一般質疑が行われた。最後にコンファランスは、政策パネル討論で締めくくられた。


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2010 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム