金融研究 第27巻別冊第2号 (2008年11月発行)

コール市場のマイクロストラクチャー:日銀ネットの決済データにみる日中資金フローの連鎖パターン

今久保 圭、副島 豊

 即時グロス決済(RTGS: Real-Time Gross Settlement)システムのもとでは、資金繰りを容易にするために支払を先送りするインセンティブが働き、この結果、システム全体の決済進捗が遅延しやすいという問題が生じる。これを回避するため、日中与信制度や市場慣行などが整備されているが、複数の決済システムが並存することもあって、朝方など日中の特定時点に決済が集中し、これが日中のレート変動の一因となっている。本稿では、コール市場の日中資金フロー —日中に資金決済が進捗していく様子、特に、「受取に応じた支払」という決済の連鎖現象— を理解するため、ネットワーク分析とシミュレーション分析を行った。その結果、(1)決済ネットワークの形状は時間帯によって変化しており、決済の連鎖性はネットワークが密な時間に高まりやすいこと、(2)こうした日中の決済進捗パターンを日米英のRTGSシステムで比較したところ、各国制度やその背景にある決済・資金調達に関する考え方の相違を反映して三者三様であること、(3)決済遅延の連鎖を生じさせるようなストレス環境のもとでは、決済ネットワークのハブを構成する参加者は決済遅延の拡がりを吸収する機能を有していることなどが確認された。

キーワード:RTGS、決済の連鎖性、日銀ネット


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2008 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム