金融研究 第27巻第4号 (2008年12月発行)

2008年国際コンファランス ─「金融政策理論の最先端」─議事要旨

重見 庸典、高橋 亘、福田 一雄、藤原 一平、武藤 一郎

 日本銀行金融研究所は、2008年5月28、29日に、日本銀行本店にて、「金融政策理論の最先端」と題する2008年国際コンファランスを開催した。今回のコンファランスは、最新の金融論および金融政策理論を理解することを目的に開催され、学界、国際機関、中央銀行より、約100名が参加した。コンファランスは、白川総裁の開会挨拶で始まり、金融研究所海外顧問であるマッカラム教授による導入挨拶、6つのセッションと前川招待講演が続き、「金融政策理論の最先端」と題するパネル・ディスカッションの後、金融研究所海外顧問のオブストフェルド教授による閉会挨拶により、締めくくられた。


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2008 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム