金融研究 第25巻第2号 (2006年8月発行)

米国の連邦政府における内部統制について

森 毅

 本稿は、米国の連邦政府における内部統制のフレームワークの概要を紹介し、その特徴を指摘するものである。
 具体的には、はじめに、連邦政府の財務管理に関するガバナンス構造の沿革と現状を概観する。そのうえで、連邦政府における内部統制のフレームワークの特徴として、(1)外部統制の変化に対応する形で発展してきた面が大きいこと、(2)内部統制システムの評価に対する監査が義務付けられていないこと、(3)評価・報告の対象となる内部統制の範囲が民間部門より広いことを指摘する。

キーワード:内部統制、外部統制、ガバナンス、監査、企業改革法404条、OMB通達A-123号


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2006 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム