金融研究 第22巻別冊第2号 (2003年11月発行)

CDOのプライシング・モデルとそれを用いたCDOの特性等の考察:
CDOの商品性、国内市場の概説とともに

小宮 清孝

 CDOのプライシングでは原資産の信用リスクの評価がポイントとなるが、これまでに、信用リスクのある金融商品のプライシングの考え方を基にCDOのプライシングを試みた研究成果が複数公表されている。本稿では、CDOの商品性や国内市場の動向を概説したうえで、CDOのプライシング・モデルの考え方を整理するとともに、実際にモデルを用いてCDOの損失額分布を計算した結果に基づいて、CDOの特性等を考察する。

キーワード:CDO、クレジット・デリバティブ、相関、2項展開法モデル、クレジット・メトリックス型モデル、コピュラ・モデル、デフォルト強度モデル


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2003 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム