金融研究 第22巻第2号 (2003年6月発行)

わが国の名目賃金は下方硬直的か?(Part II)
─フリクション・モデルによる検証─

黒田 祥子、山本 勲

 本稿では、わが国の名目賃金は下方に硬直的であるという黒田・山本[2003a]の分析結果の頑健性を、マイクロ・データに適用可能な計量経済手法により確認するとともに、一元的な尺度で下方硬直性の度合いを示した。すなわち、1993~98年のマイクロ・データを用いてフリクション・モデルを推計したところ、個々人の属性の違いとマイクロ・データの計測誤差を同時に考慮した場合でも、わが国の名目賃金には性別や賃金のタイプによって異なる度合いの下方硬直性が存在することがわかった。例えば、パートタイム雇用者の女性の時給は、ほぼ完全に下方硬直的である一方、フルタイム雇用者の所定内月給は、理論的に想定される潜在的な変化率が男性で-7.7%、女性で-4.0%を下回らない限り、実際の賃下げは生じないとの推計結果を得た。

キーワード:名目賃金の下方硬直性、インフレ率、金融政策、マイクロ・データ、計測誤差、フリクション・モデル、擬似最尤法


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2003 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム