金融研究 第21巻別冊第2号 (2002年10月発行)

市場ストレス時におけるバリュー・アット・リスクと期待ショートフォールの比較:
多変量極値分布のもとでの比較分析

山井 康浩、吉羽 要直

 この研究では、市場にストレスが発生しているときの2つのリスク指標——バリュー・アット・リスク(VaR)と期待ショートフォール——の比較分析を行う。ここでは、多変量極値分布により市場ストレスが表現し得るとの前提に立ち、多変量極値分布のもとでVaRと期待ショートフォールがどのような性質を持つかをシミュレーションと実証分析によって検討する。その結果、以下の諸点がわかった。(1)裾が厚く大幅な損失の発生する可能性の高い証券であっても、VaRや期待ショートフォールではリスクが小さいと判断される場合がある。(2)異なる種類のコピュラで表される依存関係の相違は、VaRや期待ショートフォールでは適切に捉えられない場合がある。

キーワード:バリュー・アット・リスク、期待ショートフォール、テイル・リスク、市場ストレス、多変量極値理論


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2002 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム