金融研究 第21巻別冊第1号 (2002年6月発行)

名目GDP推計における金融仲介サービスの計測法について

長野 哲平

 金融機関は金融仲介サービスの提供を通じて、大きな役割をはたしているにもかかわらず、国民経済計算体系(以下SNA)では金融仲介サービスが捕捉されておらず、GDPが過小評価されているとの批判が長らく存在してきた。SNAの新しい国際基準である93SNA(System of National Accounts 1993)では、このような批判を踏まえ、FISIM(financial intermediation services indirectly measured)という方法で金融仲介サービスを捕捉しGDPに加算することを提唱しているが、同手法はさまざまな問題点を内在している。本稿では、(1)FISIMの理論的な問題点を指摘し、(2)こうした問題点を回避する手法としてユーザー・コスト・アプローチを提示したうえで、両手法に基づき、わが国における金融仲介サービスの計測を行い、結果を比較する。その結果、名目金利がゼロ近傍まで低下した1998年度以降については、FISIMによる計測結果とユーザー・コスト・アプローチによる計測結果には大きな乖離が認められ、名目GDP成長率にも無視できない差が生じることが示された。

キーワード:金融仲介サービス、SNA、FISIM、ユーザー・コスト・アプローチ、シャドー・プライス


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2002 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム