金融研究 第20巻第1号 (2001年1月発行)

米国におけるリミティッド・ライアビリティー・カンパニー(LLC )およびリミティッド・ライアビリティー・パートナーシップ(LLP )について
—閉鎖会社立法への一提言—

大杉 謙一

 本稿は、1990年代におけるアメリカ各州におけるLLC・LLP立法の発展を紹介し、その日本法への示唆を探ろうとするものである。アメリカの州LLC・LLP法との比較によって明らかになるのは、日本の組織法(組合や各種の会社に関する法)が、組織内部の法律関係の自治を認める度合いが小さく、また、構成員(組合員、社員、株主)の責任を有限責任とすることに慎重であり、それを認める場合にも厳格な規制を課していることである。これまで暗黙に前提とされてきた組織法の強行法規性、資本制度による有限責任から生じる弊害への対処、というテーゼは、自明のものではない。本稿は、アメリカのLLC等に関する法を参考にしながら、日本法の短期的な課題として、債権者保護制度の再考(特にその費用を削減するいくつかの方法の提案)、閉鎖会社における持分の払戻しの容認、閉鎖会社における内部関係の自治の容認を主張し、また中期的な課題として、資本制度の根本的な再検討を主張する。かかる規制緩和から生じ得る弊害への対処として、契約自由の限界、裁判所による衡平法上の救済、詐害的譲渡法理による債権者保護等のアメリカのLLC法における対処を日本法に取り入れることも検討課題となる。

キーワード:有限責任、資本制度、衡平法上の救済、詐害的譲渡、任意法規化、閉鎖会社、組合


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2001 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム