金融研究 第17巻第5号 (1998年11月発行)

銀行の政策保有株式のリスク管理について

家田 明、大庭 寿和

 本稿では、政策保有株式が銀行経営に与えるインパクトを確認することによって、そのリスク管理の重要性を示すと共に、具体的なリスク管理手法の一つとして、株価変動リスクと信用リスクの相関を反映させた「株価変動に対する感応度管理」を提示する。これは、株価情報から計算される「オプション・アプローチ(Merton方式)による期待倒産確率」と、社債市場から観測される「Liborスプレッド」が高い相関を有していることに着目し、リスクファクターを株価情報としてその変動に対するポートフォリオの感応度(デルタ及びべガ)を計測するものである。仮想ポートフォリオによる試算によれば、エクスポージャーの偏在状況の把握や、株価インデックス先物・オプションを用いたヘッジにおいて、一定の有用性が確認された。特に信用リスクを反映する傾向があるベガリスクのヘッジでは、株価インデックスオプションのロング・プット・ポジションが有効である可能性が高いことがわかった。

キーワード:政策保有株式、貸出、期待倒産確率、Liborスプレッド、株価変動リスク、信用リスク、感応度


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 1998 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム