金融研究 第16巻第3号 (1997年9月発行)

政策株投資が抱えるマーケットリスク量の試算
─ EaRモデルを適用して ─

吉藤 茂

 本稿では、期間損益のブレをリスクとして計測するEaRモデル(アーニング・アット・リスク)を一般的な銀行勘定バランスシートに適用し、政策株投資が抱えるマーケットリスクのマグニチュード及びその特性を定量的に把握する。
 シミュレーション結果によれば、期間損益を期中実現損益のみで把握する(決算上認識しているリスクを算出する)場合にも、償却負担のある株式のリスクは他の資産(預貸や債券)に比べ極めて大きいことがわかった。この決算上認識される株式リスクは、簿価の上昇により最近急拡大してきた事実が指摘可能で、株式保有の意義が今改めて問い直されているといえよう。一方で、簿価のレベルにより算出されるリスク量が大きく異なるというEaRモデルの欠陥も指摘可能で、本質的なリスクを把握するためには時価ベースでのリスク管理へ移行する必要があろう。

キーワード:政策株、アーニング・アット・リスク(EaR)、マーケット・リスク、期間損益、低価法、償却負担、バリュー・アット・リスク(VaR)


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 1997 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム