金融研究 第16巻第2号 (1997年6月発行)

電子マネーの一実現方式について
─ 安全性、利便性に配慮した新しい電子マネー実現方式の提案 ─

中山 靖司、森畠 秀実、阿部 正幸、藤崎 英一郎

 インターネットが広範に普及する中、電子商取引(エレクトロニック・コマース)の実現に向けて、世界各国でさまざまな取組みが進められている。とりわけ、お金の情報を電子化し、オープンなネットワークの中でも利用可能とするような「電子マネー」は、電子商取引実現のための基幹技術として、実用化に向けた研究・実験が一段と活発化してきている。
 本稿では、電子マネーが安価で信頼性の高い新たな金融サービスとなるために求められる要求条件を「安全性」、「電子マネー特有の利便性」、「現金のメリットの継承」の3つの観点から考察する。次に、この要求条件を満足する電子マネーを実現するための設計方針を明らかにし、新たに考案したアイデアを加えた新しい電子マネー実現方式についてのプロトコル概要等を提示する。

キーワード:電子商取引、電子マネー、暗号技術、デジタル署名、安全性、プライバシー


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 1997 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム