ディスカッションペーパーシリーズ(日本語版) 2013-J-3

多様化するリテール取引の安全性
—モバイル化を支える情報セキュリティ技術を中心に
—第14回情報セキュリティ・シンポジウムの模様—

 日本銀行金融研究所は、2012年12月20日、「多様化するリテール取引の安全性 —モバイル化を支える情報セキュリティ技術を中心に」をテーマとして、第14回情報セキュリティ・シンポジウムを開催した。
 金融機関における預金引出や振込等のリテール取引では、窓口における対面取引からATM等を通じた非対面取引が中心になって久しい。また、最近では、パソコンや様々なモバイル端末を使ったバーチャルな環境での取引への対応が進むなど取引の形態が多様化してきている。一方で、多種多様なサービスが提供されるのに伴い、様々なセキュリティ上の脅威が顕現化しており、こうしたサービスに用いられる情報セキュリティ技術は常に進化が求められている。
 こうした問題意識に基づき、今回のシンポジウムでは、(1)キャッシュカードシステムにおけるICカード対応の意義や今後の課題、(2)公開鍵暗号として今後中心的な役割を担うことが期待されている「楕円曲線暗号」の概要と利用上の留意点、(3)スマートフォンのアプリケーションを用いたモバイルバンキングに対して想定される攻撃とその対策、(4)ウイルスを用いたインターネットバンキングに対する新たな攻撃(Man-in-the-Browser攻撃)とその対策の安全性評価について、専門家や当研究所スタッフによる講演が行われた。

キーワード:キャッシュカード、ICカード、楕円曲線暗号、スマートフォン、モバイルバンキング、Man-in-the-Browser、ウイルス


掲載論文等の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright © 2013 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム