金融研究第21巻第2号(2002年6月発行)
全文(PDF形式・104KB)

ワークショップ「資産価格変動と政策対応―両大戦間期の
日本の経験から―」の模様

 日本銀行金融研究所では、2001年12月20日、「資産価格変動と政策対応―両大戦間期の日本の経験から―」と題するワークショップを開催し、主として3本の論文をもとに議論を行った。
 本ワークショップでは、戦間期と現代の経済の共通点、相違点を踏まえたうえで、現代の政策に対してどのようなインプリケーションが得られるかといった観点から、金融史、経済理論など関連する分野の専門家により、多角的な議論が行われた。具体的には、導入報告に続き、第1セッションでは、戦間期日本の経済変動と金融政策対応について、第2セッションでは、当時の地価変動と銀行貸出の関係について、また、第3セッションでは、当時の為替レート変動と輸出について検討した。最後の第4セッションでは、これらの議論を踏まえて戦間期経済の今日へのインプリケーションを中心に一般討論を行った。
 本稿では、導入報告および指定討論者のコメントの概要、ならびに各セッションにおける議論について紹介する。


本稿で示されている意見は、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

Copyright 2002 Bank of Japan All Rights Reserved. 注意事項

ホーム