1. ホーム>
  2. 研究会報告書>
  3. 会計研究会「公正価値重視がもたらす会計の役割変化」

会計研究会「公正価値重視がもたらす会計の役割変化」

研究会エグゼクティブ・サマリー

各会合における報告要旨(報告者の所属・肩書は開催日当時のもの)

回 次 開催日 報告者 報告レジュメ
第1回 2011年5月13日

繁本知宏・吉岡佐和(日本銀行金融研究所)

公正価値概念の整理とIFRSにおける公正価値の論点
第2回 2011年7月22日

草野真樹・京都大学准教授

公正価値重視の会計における目的適合性の評価
第3回 2011年8月30日

秋葉賢一・早稲田大学教授

公正価値重視の会計と企業価値評価モデルとの関連性
第4回 2011年10月14日

古庄修・日本大学教授

会計目的に照らした財務報告の境界の在り方
第5回 2011年12月9日

川村義則・早稲田大学教授

公正価値と契約支援:投資意思決定支援以外の会計目的(契約支援等)における公正価値重視の会計情報の利用可能性
第6回 2012年1月27日

弥永真生・筑波大学教授

金融規制・監督への影響と対応の方向性の考察
第7回 2012年4月20日

(討論のみ)

各稿の内容や意見は、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

↑Page Top