1. ホーム>
  2. 歴史統計>
  3. 日本銀行券発行高:データの解説

データの解説

 当コーナーのデータベースでは、1914年1月~1941年12月の日本銀行券発行高(月末残高)を提供する。
 当該期の発券制度は兌換銀行券条例に基づいた保証準備屈伸制限法で、「準備発行」とは、同額の正貨準備をもって発行された兌換銀行券、「保証発行」とは、準備発行とは別に、「政府発行ノ公債証書大蔵省証券其他確実ナル証券又ハ商業手形」(日本銀行条例第2条第2項)を保証として発行された銀行券である。また「制限外発行」は、保証発行のうち日本銀行が状況に応じて必要と判断した場合、大蔵大臣の認可を受けて、保証発行の限度額を超えて発行された銀行券である。
 保証準備発行高が限度額以内の場合は、0と表記した。また、1941年3月~12月は、発行高の合計のみ記したが、1941年3月3日に「兌換銀行券条例の臨時特例に関する法律」が公布され、4月1日以降正貨準備発行と保証発行の区分が廃止されたことによるものである。
 データの出所は、日本銀行調査局『本邦経済統計』である。