日本銀行金融研究所貨幣博物館
image
FAQ

Q2.昔のお金の孔(穴)が四角いのはなぜですか?

A2.銭貨に四角い孔があいていることの起源は、紀元前3世紀に秦(中国)の始皇帝の時代に作られた「半両銭」まで遡ります。孔が四角い理由の1つは、当時の中国では、天は円形(丸)、地は方形(四角)と考えられており、中央に正方形の孔をあけた円形(円形方孔)は、天と地を組み合わせた縁起の良い形とされていたためと言われています。また、もう1つの理由は、銭をつくるときの最後の工程で、穴に四角い棒を通して固定し、銭の側面を磨いたためと考えられます。円形方孔の銭貨は、その後、東アジアに広まり、日本でも1000年以上の間使用されました。