日本銀行金融研究所貨幣博物館
image
FAQ

Q10.明治期の政府紙幣、国立銀行紙幣とはどのようなものですか?

A10.政府紙幣は、明治初期に政府によって財政の窮迫・新貨幣の不足への対応、殖産興業資金の供給のため発行された紙幣のことです。最初に「両」単位の太政官札(1868年)、次いで「円」単位の大蔵省兌換証券(1871(明治4)年)、新紙幣(「明治通宝札」,1872(明治5)年)、改造紙幣(「神功皇后札」,1881(明治14)年)などが発行されました。国立銀行紙幣は、殖産興業資金の供給のため、政府紙幣とは別に、国立銀行(民間銀行)に発行させた紙幣です。当初、国立銀行は、保有している金を上限として紙幣を発行すること(兌換紙幣)となっていましたが、その後、金の保有量を上回る紙幣(不換紙幣)を発行できるようになり、発行量が増大しました。そうしたもとで、西南戦争の戦費調達のため政府紙幣の発行量も増大したことから、激しいインフレが生じました。通貨の安定をはかるべく、日本銀行が設立され、日本銀行券(兌換銀行券)が発行されると(1885年)、政府紙幣も国立銀行紙幣も1899年に通用停止となりました。