日本銀行金融研究所貨幣博物館
image
日本貨幣史 古代

古代

 7世紀末から8世紀の日本は、中央集権的な律令国家を目指し、中国(唐)の諸制度を導入するなかで、銭貨を発行した。奈良時代(8世紀)には和同開珎をはじめとする3種、平安時代(8世紀末~)には9種の銅銭を発行したが、その後、銭貨の発行と使用は途絶えていった。

7世紀後半

発掘からわかった和同開珎以前のお金

 1998年の飛鳥池遺跡(奈良県明日香村)の発掘調査により、7世紀後半に富本銭(ふほんせん)がつくられていたことが明らかとなった。飛鳥池遺跡からは、富本銭とともに富本銭をつくるための鋳型やルツボ、やすりなどが出土した。




 富本銭は、『日本書紀』天武12(683)年の「今より以後、必ず銅銭を用いよ。銀銭を用いることなかれ。」という詔に記された銅銭であると考えられている。
 詔に書かれている銀銭は無文銀銭であると考えられている。無文銀銭はこれまで、畿内を中心とした15以上の遺跡から出土している。

8世紀初頭

和同開珎の登場

 中国(唐)の制度や文化を積極的に採用していた律令国家は、708年に唐の銭貨「開元通宝」をモデルとして和同開珎(わどうかいちん)を発行した。銭貨発行は、国家の独立性と権威を内外に示す重要な意味をもつ。律令国家は、銭貨を蓄えた者に位階を与えるなどの銭貨の使用の促進策をとり、銭貨の普及に努めた。




 律令国家は、発行した銭貨を平城京造営などの支払い手段として用いた。

8~10世紀

古代銭貨の衰退

 律令国家は、和同開珎を含め12種類の銅銭を発行した。新銭を発行する際に新銭1枚=旧銭10枚とする政策をとったこと、銅銭の軽小化や質の粗悪化(原材料の銅不足による鉛の含有率の増加)により、銅銭の価値は急速に低下し、銅銭に対する人々の信用は失われた。958年発行の乾元大宝を最後に新たな銭貨は発行されなかった。




 古代における銅の生産地の一つとされる長登銅山(現在の山口県)では、9世紀以降、銅の生産が減り、鉛の生産が増加した。















11世紀~12世紀半ば

商品貨幣の時代

 10世紀の銭貨発行を最後として銭貨流通が途絶えると、価値が安定した米や絹・布(麻布)が銭貨の代わりに貨幣として使われた。これらは、モノの値段をあらわす安定的な価値基準として、銭貨に代わる貨幣としての役割を果たした。




 米や絹・布(麻布)は持ち運びが不便だったことから、省力化のため信用取引が行われるようになった。中央の役所は、所管の倉などに支払いを命じた書類を出し、それが現在の小切手のような役割を果たした。