日本銀行金融研究所貨幣博物館
image
日本貨幣史 近代

近代

 明治政府は、欧米先進国に対抗できる強国を作るため、富国強兵・殖産興業(近代産業育成)の政策を進めた。そのためには、近代的な貨幣制度を確立することが必要で、明治政府は、1871年「新貨条例」を制定し、貨幣単位を従来の「両・分・朱」から「円・銭・厘」とした。1881年には松方正義が大蔵卿に就任し、中央銀行設立の必要を訴え、日本銀行は「松方財政」のなかで1882年10月に誕生した。

19世紀後半1868~70年代前半

明治政府による貨幣制度の整備「円の誕生」

 明治新政府は、当初江戸時代の金・銀・銭貨や藩札などをそのまま通用させる一方、自らも「両」単位の貨幣や紙幣を発行した。幕末~明治維新期に混乱した貨幣制度を建て直すため、明治政府は新貨条例(1871年)により十進法の貨幣単位「円・銭・厘」を採用し、近代洋式製法による金・銀・銅の新貨幣を発行した。




 新貨条例により、金貨本位制(金1.5g=1円)を採用し、貨幣単位は1円=100銭=1000厘となった。
 政府は、紙幣「大蔵省兌換証券」、次いで「明治通宝札」を発行した。政府は兌換制度の確立を目指していたが、当時の日本では金銀が不足していたため、発行された政府紙幣は、実際には金銀貨と交換できない不換紙幣であった。

19世紀後半1870年代後半

国立銀行紙幣の発行と紙幣価値下落

 明治政府は、民間銀行に兌換銀行券を発行させ、殖産興業資金の供給をはかるため、「国立銀行条例」を制定(1872年)した。これにより国立銀行(民間銀行)が設立され国立銀行紙幣が発行されたが、条例改正(1876年)により、国立銀行紙幣は事実上不換紙幣となった。


 政府は、西南戦争(1877年)の戦費を不換紙幣の増発でまかなった。このため、膨大な紙幣が流通するようになり、紙幣価値は大幅に下落し、紙幣に対する信用が大きく揺らいだ。

 紙幣で測った米価は、西南戦争前と比べて2倍に急騰し、銀貨に対する紙幣の価値も暴落した。


19世紀後半1880年代

日本銀行の誕生

 1881年、松方正義が大蔵卿に就任した。松方大蔵卿は、紙幣価値の下落は不換紙幣の過剰な発行が原因と考え、緊縮財政による剰余金で不換紙幣の整理を断行した。また、松方大蔵卿は、兌換制度の確立と近代的な通貨・金融制度の確立を目的として中央銀行設立の準備を進め、日本銀行は1882(明治15)年10月に開業した。

 最初の日本銀行券「大黒札」は、紙幣価値の回復を待って、日本銀行の開業から2年半後(1885年)に発行された。日本銀行券は、本位貨幣(正貨)である銀貨と交換できる兌換銀券であった。松方大蔵卿は、欧州主要国にならい金本位制を理想としたが、日本は蓄積していた正貨が銀であったため、銀本位制となった。
 日本銀行券は円滑に流通し、整理が進められていた国立銀行紙幣と政府紙幣は1899年末に通用停止となった。

19世紀末~20世紀初1890~1910年代

金本位制の確立

 欧米先進国は、19世紀後半、銀本位制から金本位制へと移行した。日本も先進国の大勢に従い、1897年に金0.75g=1円とする「貨幣法」を制定し、日清戦争の賠償金を準備金として金本位制を確立した。金本位制の確立により、日本は国際的な経済・金融秩序に加わることになった。




 日本銀行券はそれまで「日本銀行兌換銀券」だったが、金貨と交換(兌換)できる「日本銀行兌換券」になった。
 1914年に始まった第一次世界大戦による大戦景気により日本銀行券の需要は増大した。

20世紀前半1920年代

金融恐慌の発生

 第一次世界大戦が終わり、ヨーロッパ諸国が復興してくると、日本の輸出は減少し、各産業を不況の波が襲った。1923年には関東大震災にもみまわれ、日本経済は大きな打撃を受けた。そうしたなか1927年3月、金融恐慌がおこった。


 日本銀行は多額の日本銀行券を発行し、預金者の不安を静めることに努め、政府は3週間のモラトリアム(支払猶予令)を発令するなどの対策を講じた。
 不安にかられた人々が預金の引き出しに殺到する取付け騒ぎが拡がり、日本銀行券が不足したため、急遽裏面の印刷を省いた二百円券(裏白券)を発行した。

20世紀前半1930年代

金本位制から管理通貨制へ

 ニューヨークのウォール街での株価大暴落(1929年)をきっかけとする世界恐慌の影響で、イギリスは1931年9月に金本位制からの離脱に追い込まれた。欧州各国はイギリスに続いて金本位制を停止し、日本も同年12月に銀行券の金貨兌換を停止し、金本位制から離脱した。その後、1942年に公布された日本銀行法により、名実ともに今日につながる管理通貨制へと移行した。




 管理通貨制度のもとでは、日本銀行券は金貨と交換不可能で、通貨の発行量は中央銀行が調節することになった。
 日本銀行法により券面の金貨引換文言が消え、「日本銀行兌換券」は「日本銀行券」となった。