日本銀行金融研究所貨幣博物館
image
過去の展覧会

リニューアルオープン記念テーマ展

「19世紀日本の風景:錦絵にみる経済と世相 -米国FRBに於ける美術品展示会の錦絵より-」

 日本銀行金融研究所貨幣博物館では、11月21日(土)からのリニューアルオープンにあたり、下記のとおりテーマ展「19世紀日本の風景:錦絵にみる経済と世相-米国FRBに於ける美術品展示会の錦絵より-」を開催いたします。

 米国FRB(連邦準備制度理事会)では、1989年以降、秋のIMF・世銀総会時に、外国の中央銀行一先と共催のかたちで、各国の美術品展示会を米国・ワシントンD.C.にあるFRBの本館内で行っています。

 昨年秋の11回目の展示会には、アジアから初めて日本銀行が参加し、貨幣博物館の所蔵資料の中から46点を出展しました。錦絵でみる幕末から日本銀行設立までの貨幣・経済史や、芝居絵などのわが国独特の風俗・文化、さらには大黒天など幸福と富を願う縁起物など、厳選された錦絵の展示会は大変な盛況でした。今回は、貨幣博物館リニューアルを記念し、展示会に出展した錦絵の中から前期・後期あわせて18点を展示いたします。

 貨幣博物館30年の歴史で初めて海を渡った錦絵の魅力を、実感していただければ幸いです。

 【開催期間】 2015年11月21日(土)~2016年2月14日(日)
         ※資料保護のため前後期で展示替
       <前期:11月21日~12月27日、後期:1月5日~2月14日>



   品定開化花
   品定開化花  (前期展示)



   岩城升屋店前之図
   岩城升屋店前之図  (後期展示)