日本銀行金融研究所貨幣博物館
image
過去の展示

テーマ展 版木からみた江戸・明治期の銭譜

展示概要

江戸時代以降、学者や収集家によって貨幣に関する研究が進められ、その成果は銭譜(銭貨を中心とした貨幣図鑑・参考書)としてまとめられました。銭譜は、一枚板に彫り込んだ版木から作られ、出版されました。

今回の展示では、貨幣に関する情報や知識が人々の間で共有される契機となった銭譜とその版木を当館の所蔵資料からご紹介します。

開催期間

2012年1月17日(火)~5月6日(日)

主な展示品

珍銭奇品図録 「珍銭奇品図録」版木  「明治新撰泉譜」版木

リーフレット

リーフレット(1,475KB pdf)