貨幣博物館 常設展示図録
91/101

 近代88従来、補助貨は貨幣法に基づき発行されていたが、1938年に制定された臨時通貨法のもとで、紙幣を含む小額貨幣の発行が弾力的に行えるようになった。その後、材料を節約・変更したり製造方法を簡略化したお金が次々に発行された。戦時中のお金12金きんとの決別管理通貨制度への移行Departure from the Gold Standard管理通貨制度とは?What Is a Managed Currency System?国のお金の価値を金と切り離し、中央銀行が行う金融政策を通じて自国通貨を管理する制度を「管理通貨制度」という。日本は、世界恐慌が深刻化するなか、1931(昭和6)年末にイギリスに続いて金本位制から離脱し、管理通貨制度に移行して今日に至っている。自1931年12月以降、日本銀行券の金貨との兌換は停止されたが、将来は金本位制に復帰することが考えられていた。1942年、日本銀行法により制度として銀行券の兌換を行わないことになり、兌換文言は券面から消滅した。兌換文言の消滅お金の材料として使われてきたニッケルや銅が不足したため、アルミニウムや錫などでお金がつくられた。アルミニウム青銅貨Aluminum-Bronze Coin十銭1938年アルミニウム貨Aluminum Coin十銭1940年錫貨Tin Coin十銭1944年錫亜鉛貨Tin-Zinc Coin一銭1944年陶貨(発行せず) Ceramic Coins 1945年製造十銭一銭日本銀行本店2号館(1935年竣工)、3号館(1938年竣工)小額日本銀行券 い十銭券10 Sen Bank of Japan Note1944年印刷様式を簡略化した小額面の日本銀行券が発行された。小額政府紙幣 五十銭紙幣50 Sen Government Note1942年日本銀行券 ろ五円券1943年日本銀行券 い五円券1942年日本銀行法に基づく最初の日本銀行券The Earliest Bank of Japan Note Under the Bank of Japan Act of 1942

元のページ  ../index.html#91

このブックを見る