貨幣博物館 常設展示図録
88/101

85「円」とにちぎん 貝お金にまつわる貝のつく漢字漢字は古代中国で生まれた文字で、「貝」という字は子安貝の形がもとになっている。中国では、子安貝が貨幣として用いられ、そのため貨幣や経済に関係のある漢字には貝が多く使われた。memoタカラガイ子安貝は宝貝ともよばれ、入手することが難しく貴重なものだった。五百円ニッケル黄銅貨(2000年)今のお金はどんな金属からできている?一円アルミニウム貨(1955年)五円黄銅貨(1959年)十円青銅貨(1959年)五十円白銅貨・百円白銅貨(1967年)銅72%亜鉛20%ニッケル8%銅75%ニッケル25%銅95%亜鉛4~3%錫1~2%銅60~70%亜鉛40~30%アルミニウム 100%贏賚贋賽贄貲賓寶贍貮贇賁寳贔貳負賛賢資貢責貪賺貧賀貰賈賣賂贛賰賻貶貽賤贖賊貼賋貺賦賉貤賵賙贓贐贍賎賍賕賖貨貫貴貸賞買費貿質賃財貯販購贈賜賭賠賄賑貨貫貴貸賞買費貿質賃財貯販購贈賜賭賠賄賑

元のページ  ../index.html#88

このブックを見る