貨幣博物館 常設展示図録
66/101

ゆるやかなお金の統一 63topic旅の支払い庶民の旅ブーム  「道中日記」にみる支払い The Travel Fad Among Commoners: Payments Recorded in "Travel Diaries"江戸時代の旅では、主に銭貨が支払いに使われた。人々は、道中で必要な銭貨を出発の時から持ち歩くのではなく、軽くてかさばらない金貨・銀貨で持ち、途中で少しずつ銭貨に両替しながら旅をした。また、盗難などの危険を避けるため、お金は目立たないようにして持ち歩かれた。旅でお金を持ち歩く脇わき差ざし型貨幣入れ江戸時代脇差のようにみえるが、小型の金貨・銀貨などが入るように工夫されている。中が箱状になっているものなど、さまざまなつくりのものがある。鐔つば型貨幣入れ江戸時代刀の鐔のようにみえるが、中に一分金などを入れることができる。早はや道みち江戸時代煙草入れや印籠のように腰にさげた。成田山新勝寺(現・千葉県)へ向かう旅人が、銭貨を束ねた紐(さし)から銭貨を落とした場面。「道中入用帳」江戸時代後期3日間の旅での出費が記録されている。1日目に一分金を銭1貫300文に、2日目に二朱銀を銭648文に両替している。「道中日記」江戸時代後期江戸時代、旅人は道中の日々の支払いを日記につけた。支払いだけではなく、旅で見聞きしたさまざまなことを記した日記もある。「成田山参詣小金ヶ原之図」旅人は、高額の金貨・銀貨と通常の支払いに使う銭貨を分けて持つなど、盗難に備えた。

元のページ  ../index.html#66

このブックを見る