貨幣博物館 常設展示図録
52/101

ゆるやかなお金の統一 49全国各地にあった銭座memo銭座は、銭貨を製造するために設置され、幕府が商人などに、製造量や期間を決めて請け負わせた。全国各地に置かれたが、江戸時代後半になると幕府の統制が強まり、金座・銀座が運営した。寛永通宝(鉄)Kan’ei Tsuho(Iron)1739年銅の不足から、幕府は鉄を材料とする銭貨をつくった。鉄銭は銅銭に比べて錆びやすく、びた銭・なべ銭ともよばれた。この時期以降の一文銭は、鉄銭となっていった。裏寛永通宝 四文銭(真鍮)Kan’ei Tsuho (Brass, 4 Mon)1768年明和期(1764~1772年)には、銅と亜鉛の合金である真鍮を材料とする四文銭が大量につくられた。同じ時期につくられた計数銀貨とともに、盛んな商品流通を支えた。寛永通宝 四文銭(鉄)Kan’ei Tsuho (Iron, 4 Mon)1860年裏文久永宝 四文銭(銅)Bunkyu Eiho (Copper, 4 Mon)1863年裏天保通宝 百文銭Tempo Tsuho(Copper, 100 Mon)1835年天保期(1830~1844年)には、銅を材料として一文銭をつくると鋳銭事業が赤字となり、発行益を得るために幕府は百文銭を発行した。裏面には「当百」と表示されている。ただし、額面を下回る価値で使われていたほか、偽造も多かった。裏仙台通宝は領内のみで通用が許された銭貨で、幕府による一元的な金属貨幣発行の例外であった。幕末に数多く発行された地方貨幣の先駆けとなった。裏仙台通宝(鉄)Sendai Tsuho(Iron)1784年寛永通宝の裏面と鋳造地佐渡鋳造仙台鋳造足尾鋳造長崎鋳造裏開港後、民間貿易の開始にともない国内の商品取引が活発になり小額貨幣に対する需要が増す一方で、銅銭の密輸出もあって銭貨不足が強まった。このため幕府は、鉄製、銅製の四文銭を相次いで発行した。

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る