貨幣博物館 常設展示図録
47/101

 近世449大判の移り変わりTransformation of Gold Coins: Oban Gold Coins判は、大型の楕円形の板金に墨書をした金貨で、主に贈答などの儀礼の場面で使われた。大判をつくった後藤家は、室町幕府に仕えていた彫金師であった。その後、豊臣秀吉に命じられて初めて天正大判をつくり、江戸時代にも引き続き大判をつくった。大大判とは?What Is an Oban?天正大判より前に日本でつくられた金貨は、重さや品位が一定せず、使うたびに秤で重さをはかる必要があった。天正大判以後につくられた大判は、重さや 品位が基準化された。基準化された大判天正大判(天正長大判) 原寸Tensho Naga Oban16世紀後半品位70~76%いずれの大判も表に文字が墨書され、品質を保証している。重さを示す「拾両」(約165g)桐の極印製造者の名前「後藤」花押(サイン)

元のページ  ../index.html#47

このブックを見る