貨幣博物館 常設展示図録
46/101

ゆるやかなお金の統一 43金貨の純度(品位)を鑑定する際には、金貨を試金石に擦りつけ、その条痕(筋状の痕)を試金棒の条痕と比較した。品位をはかる試金石・試金棒で金の品位をはかる様子試金石試金棒金貨・銀貨の品質を保証するために極印が打たれた。極印による貨幣の品質保証極印打ちの様子金を小判の形に整えた後、極印が打たれた。金貨の製造にあたった後藤家は、桐紋、花押、額面などの極印を打った。扇形に桐丸に文「金座絵巻」「金座絵巻」元文小判金座後藤家を表す「扇形に桐」の紋金座後藤家を表す「扇形に桐」の紋「壱両」「光次」と花押裏金属の採掘と製錬金属貨幣の素材である金銀や銅は、鉱山から鉱石を掘り出し(採掘)、その鉱石から金属成分のみを取り出す製錬の工程を経て、貨幣の材料となった。「佐州金銀採製全図」鉱脈にそって鉱石を掘り進めると湧き水が出てくるため、排水が必要となる。役人や測量技術者らが鉱石のある場所(鉱脈)を探している。極印製造時期を示す「文」の印金座人の印光次の花押職人の棟梁の印

元のページ  ../index.html#46

このブックを見る