貨幣博物館 常設展示図録
23/101

 中世20受け入れられた銭貨Copper Coins Accepted世紀半ば以降、中国から銭貨が大量に流入すると(渡来銭)、人々の間で広く使われるようになった。銭貨は 1枚=1文 の価値をもち、米や絹のように量をはかる必要がなく、少額の取引にも高額の取引にも使われた。121銭がやってきた渡来銭のはじまりChinese Coins Begin to Flow in日本で使われた中国の銭貨北宋(960~1127年)は、中国歴代王朝のなかで最も多くの銭貨をつくった。日本の中世の遺跡からは、北宋の銭貨が多く出土している。[日本での出土数の多い中国の銭貨]Chinese Copper Coins in Japan1位 皇宋通宝北宋2位元豊通宝北宋3位熙寧元宝北宋4位元祐通宝北宋5位開元通宝唐6位永楽通宝明7位天聖元宝北宋8位紹聖元宝北宋9位政和通宝北宋10位聖宋元宝北宋銭貨を発行しなかった中世国家中世の日本では国家(朝廷・幕府)が貨幣を発行することはなかった。14世紀前半、後醍醐天皇は紙幣・銭貨の発行を計画していた。しかし、建武の新政の失敗で、貨幣の発行には至らなかった。memo日本の大量出土銭における中国の各王朝の銭貨の割合鈴木公雄『出土銭貨の研究』より作成

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る