貨幣博物館 常設展示図録
12/101

貨幣博物館と三人の人物 91948(昭和23)年標本貨幣室にて公開開始1982(昭和57)年日本銀行創立100周年金融研究所設立・貨幣博物館設置文化財は自らの手で守り、 生かすべき1947年5月、銭幣館コレクションの金貨・銀貨がGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による接収対象となりました。しかし、郡司氏は「文化財は自らの手で守り、生かすべきであると思う」と力説し、交渉の結果、文化財として公開することを条件に接収を免れることができました。貨幣博物館、開館へ1972~1976年にかけて『図録 日本の貨幣』(日本銀行調査局編、全11巻)が刊行され、こうした研究成果をもとにして、1985年11月に貨幣博物館が開館しました。その後もコレクションを守り伝え展示していくため、調査・研究を続けています。郡司 勇夫1985(昭和60)年貨幣博物館 開館銭幣館蔵品搨とう摸も集標本貨幣室本館会議室にて皇太子殿下(当時)にご説明する郡司勇夫氏開館時テープカット渋しぶ澤さわ 敬けい三ぞう Shibusawa Keizo1896年8月東京・深川生まれ1936年北多摩郡保谷村に民族学会付属 博物館を開館1942年3月~1944年3月日本銀行副総裁1944年3月~1945年10月第16代日本銀行総裁1945年10月~1946年5月大蔵大臣(幣原内閣)1963年10月逝去郡ぐん司じ 勇いさ夫お  Gunji Isao1910年11月東京・神田生まれ1930年銭幣館に入り、田中啓文氏に師事1945年1月銭幣館コレクションとともに 日本銀行へ1972~1976年『図録 日本の貨幣』執筆・編さん1981年『日本貨幣図鑑』執筆・編さん1997年6月 逝去専門家を置くコレクションの受け入れと同時に、日本銀行は当時銭幣館で資料の整理・研究に携わっていた郡司勇夫氏を迎え入れました。これは渋澤総裁の考えによるもので、受け入れた資料の整理・研究を続けられるようにすることが目的でした。

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る