日本銀行金融研究所 情報技術研究センター
Center for Information Technology Studies

第17回情報セキュリティ・シンポジウム

金融取引を安心安全に実現するための認証技術
  -FinTech時代も意識して-

2016年3月2日(水)、日本銀行金融研究所では、上記テーマに基づき第17回情報セキュリティ・シンポジウムを開催いたしました(於:日本銀行本店)。本シンポジウムでは、金融分野に関係する情報セキュリティ技術について、当研究所スタッフや外部講師による研究発表や、パネル・ディスカッションを行いました。

プログラム*

 *各講演者/パネリストの所属・肩書きは、本シンポジウム開催時点のものです。また、講演資料等に示されている意見はすべて発言者個人に属し、その所属する組織の公式見解を示すものではありません。

センター長挨拶(講演資料

 日本銀行金融研究所 情報技術研究センター長 鎌田康一郎  

キーノート・スピーチ(講演資料

 横浜国立大学大学院 教授 松本勉 様

講演1*(講演資料関連論文

「次世代認証技術を金融機関等が導入する際の留意点」
日本銀行金融研究所 企画役補佐 井澤秀益
*ヤフー株式会社Yahoo!Japan研究所 上席研究員 五味秀仁様と共同で実施した研究に基づく講演です。

講演2(講演資料関連論文

「生体認証システムのセキュリティ評価」
日本銀行金融研究所 企画役 宇根正志

講演3(講演資料

「暗号ハードウェア等に対するセキュリティ評価および留意点」
日本銀行金融研究所 清藤武暢

講演4(講演資料

「情報セキュリティのための異常検知技術」
東京大学大学院 教授 山西健司 様

パネル・ディスカッション

「インターネット・バンキングのさらなる発展に向けて」